ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

偽善だっていい

偽善について僕は思う。

何かいいことをするときに、

だれかが、ほめてくれるからとか、

素敵なひとって思ってもらうためとか、

あるいは、直接的に、

自分の会社や自分のレピュテーション(評判)を上げたいから、

いいことをして目立とうとする。

 

そんなとき、裏の目的があって、良い行動をするとき、

ひとは偽善者とそのひとを呼ぶことがある。

 

りっぱなビジネス、素敵なビジネス、りっぱな人間、

そう思われたいがために、

そうして自分に何かしらの利益を得るために、

だれかにいいことをする。

 

それを偽善と呼ぶことがある。

 

僕は思うんだ。

 

偽善でもいいじゃないかって。

 

それは、純粋な美しいこころで、なんの見返りもなく、

ひとに施し、愛を与えられたらそりゃ素敵だよね。

僕もそういうひとを尊敬する。

 

でも、僕らは凡人だ。

 

声高に、地球温暖化に反対することも、

お年寄りに席をゆずってあげることも、

「素敵な考えだね。」

「席をゆずってくれてありがとう」

そんな言葉を期待しちゃうよね。

 

例えば、席を譲ってあげたときに、

ぶすっとしたまま、何も言わずに座って、

幸せそうな顔をしていたら、

ちょっといい気分じゃないよね?

 

自然なうちに、相手からの

「ありがとう」

を期待しちゃっているんだ。

情けないけど、そういうもんだ。

だれかに、いいことをしたときは、

評価をしてもらいたいんだよね。

 

ださいね。

 

だけど、僕はそれでいいと思う。

 

偽善でも、何でも、誰かに評価してほしくて

やっていることでも何でも、

誰かのためになる<行動>をしているひとを僕は評価したい。

ひとのことをあんなの偽善だよって批判して、

何も行動をしていないやつの100万倍素敵だ。

 

偽善でも何でも、

誰かのために何かしてあげようって思う事は、尊い。

そして、だれかの感謝がほしくてやった行動でも、

「ありがとう」って言ってもらうことで、

そのひとの心は美しくしてもらえる。

どんどん美しくなっていく。

そして、そんなことを続けていくうちに、

僕らは、本当の意味で、

よい行いができるのかもしれないね。

 

偽善でもなんでもいい、

誰かのためになることをやってあげようよ。

積極的に取り組んであげようよ。

おせっかいって言われるくらい、

誰かのためにエネルギも、お金も、時間もかけてあげようよ。

 

だれかの批判にしぼんじゃだめだ。

 

同情してるだけのやつって

結局、

ひとの不幸に快感を覚えているようなやつが多いと思う。

 

もし、そのひとの境遇に共感できるなら、

手を差し伸べてあげようよ。

行動しようよ。

それができないなら、同情なんてすんなよ。

僕は同情なんてされたくない。どんな状況だって、

同情なんてされたくない。

だから、だれかを同情なんてしない。

ただ、共感して、自分のできることをしてあげたい。

行動するなか、たとえ偽善であったとしても、

ひとは成長できるんだと思う。行動しよう。

 

JUST DO IT

 

やろうぜ。堂々と、偽善の行動をやってやろうぜ。

ひとの批判ばかりしているクソやろうに負けんなよ。

 

ねぇ、みんな行動しようぜ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP