ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

兄と母と早稲田大学野球部

父も、次兄も、早稲田の野球部にいたんだ。

父は、入部後、肩を壊し、退部したそうだ。

 

僕からみて、3つ上の次兄は、気が短く、怖かった。

僕の友人たちには「やくざ兄貴」って言われていた。

身長はそんなに大きくなかったが、

運動神経は、学校でもとびきりよく、成績も抜群だった。

確か、生徒会長も中学時代やっていたと思う。

 

僕が小学校のとき、

放課後、野球やサッカーを友達とやろうと思って

公園に場所を取りに行く。

すでに、先に他のクラスや、中学生が、場所を取っていると、

諦めなくちゃいけないのが普通。

だけど、僕が行くと、

「藤田さんの弟だよ。」

「え?あの藤田さんの弟?」

ってな会話があって、

僕に場所を明け渡してくれた。

兄の力は近所では絶大だった。

高校に入り、野球部に入った兄。

3年生のときはキャプテン3番。

甲子園の予選で、3番の兄が打ったライト前ヒット。

客席から見ていた僕は、その美しい打球に、感動した。

泣くほど感動したんだ。

お兄ちゃんみたいになりたい。心からそう思った。

 

そんな兄は、大学に入り、

早稲田大学野球部に所属する。

高校までは、キャプテン、生徒会長、成績抜群、

そんな兄も、さすがに、大学の野球部では、

ただの1部員でしかない。

 

当時、めっちゃ強い早稲田ではなかったけど、

それでも、甲子園を沸かせて来たようなやつらがライバルになる。

池田高校の黄金時代。

畠山、水野、蔦監督率いる常勝池田高校、

その池田のキャプテンだった江上選手も

確か、兄と同世代の早稲田野球部だ。

 

ずっと中心を歩いてきた学校・地域のスターだった兄がはじめて、

試合に出ることすらできない日陰の日々が続く。

レギュラーどころか、ベンチにすら入れないんだ。

 

結局、兄は、一度も、神宮のグランウンドを踏むことなく、

4年間の大学時代を終える。

ただの1度も、公式戦に出場することなく、

4年間を終えるんだ。

 

東京6大学はね、どんな勝敗状況でも、

その時代、どの大学が強かろうが、弱かろうが、

必ず、最後にあるのは、早慶戦なんだ。

東大でも、明治でもなく、法政でも、立教でもなく、

最後は、必ず、早慶戦なんだ。

 

そして、4年生の秋の大会。

最後の早慶戦が終わると、

客席の応援団に、最後の試合になる4年生が挨拶するんだ。

 

その日、4年の兄の人生最後試合、

やっぱり兄は試合にでれなかった。

最後まで補欠で4年間やりとおした。

 

何度もやめかけたけど、

結局、最後までやりとおしたんだ。

何度も、あきらめかけたけど、

最後まで補欠で居続けたんだ。

 

最後の最後の試合、

客席には、母が来ていた。

母は兄の出ない早慶戦をじっと見続けた。

そして、試合が終わり、4年生の最後の挨拶。

 

兄は堂々と挨拶をした。

 

母をそのわが子の姿を見て、

泣き続けていた。

高校時代、兄が大活躍した夏の甲子園予選で負けたときは、

ケロっとしていた母が、

4年間1度もグラウンドに立つことのなかった息子の姿を見ながら、

誇らしげに、泣きながら、拍手を送ったんだ。

他の観客の何倍も大きな音で、何倍も速いスピードで、

1度も試合に出なかった息子に拍手を送り続けたんだよ。

あの子は私の息子だよ。

あの子は私の自慢の息子だよって、そんなきもちだったのかな?

母は、拍手をし続けたんだ。

 

人間にとって、素晴らしいことって何だろう?

人間にとって、大事なことって何だろう?

 

兄は1度も公式戦に出ない4年間を過ごした。

毎日、グローブを磨き、毎日、素振りをし、

毎日、ランニングをし、そして1度も公式戦に出なかったんだ。

 

兄が得たものは、何だったのだろう?

栄光からは程遠い、その4年間で得たものはなんだったのだろう。

なぜ母はあそこまで嬉しそうだったのだろう。

なぜ母はあんなに誇らしげだったのだろう。

 

少なくとも、兄は、母にとって、そして弟の僕にとって、

憧れのひとで、自慢の兄で、自慢の息子だ。

 

僕からみて、3つ上の次兄は、気が短く、怖かった。

僕の友人たちには

「やくざ兄貴」って言われていた。

そんな兄が、ただもくもくと4年間裏方に徹しきった日、

母はその日、人生でこれ以上ないってくらい、

ちからいっぱい拍手をした。

目に涙をいっぱい浮かべて、兄に拍手を送った。

手が壊れるんじゃないかってくらい、

力強い大きな拍手を自分の自慢の息子に送ったんだ。

 

僕は兄を尊敬している。

最高の家族のもとに生まれたなった思うんだ。

この母と、この兄と暮らせたこと、

それが僕のしあわせなんだ。心から感謝。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 自由と責任

    2018.12.8

カテゴリー

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP