ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

何をやってもうまく行かない時 高橋尚子が教えてくれた言葉 

なにやってもうまくいかない時がある。

真面目にやって、

努力して、

一生懸命目指しているのに、

結果がでないときがある。

結果がでないことが怖いのではない。

結果がでないことで、自信を失うのが怖いんだ。

自分はだめなんじゃないかなって、

このまま結果がでないんじゃないかなって。

 

自信を失い、誰かのせいにしだすんだ。

結果を変えるために、

前に進む力もどんどん失っていく。

 

光がみえないような時間をすごす。

 

自分の内側と毎日、毎日対話するけど、

こたえなんかでない。

出たとしても、形だけ、

その考えに従って、行動することができないんだよ。

前に進む力、

自分を信じる力がなくなっちゃうんだ。

 

こんなときが、

僕は一番つらい。

やる気がどんどん失われていく。

情けない自分にいやけがさす。

グチをこぼしたくなる。

 

そんなこと何度もあった。

いまでもある。

 

そんなある日、

高橋尚子の座右の銘を聞いた。

それは、

僕に大きな勇気をくれた。

自信を失い、考える気力も、行動する勇気も

失いかけていた僕に、パワーをくれたんだ。

 

それはこんな言葉、、、、

何も咲かない寒い日は

下へ下へと根を伸ばせ

やがて大きな花が咲く

ねぇ、みんな、

もし君が努力が実らないなら、

信じて欲しい。

今、君は、大きな根を伸ばしているんだってこと。

そして、そんな君だからこそ、

成果の出ない時期が長ければ長いほど、

君は大きな花を咲かせることができるんだ。

 

さぁ、自信を持って、

もう一度チャレンジしよう。

だめだっていいじゃないか。

勇気を持って前に進もうぜ。

大丈夫。

きっとうまくいく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP