ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

谷川俊太郎の答!人間は何で死ぬの?

詩人・谷川俊太郎さんが

一般のひとの質問に答えるという本を読んだ。

びっくりした。こんな答え方があるんだ。

こんな切り口でもいいんだ。

ことばのプロフェッショナルの方の

言葉の綴り方に驚きと違和感と

不満と感動と喜びを感じた。

その中でお母さんが小さな娘に

泣きながら訴えられたことがあり

なんと答えていいか分からないとの質問があった。

小さなお嬢さんのお母さんへの質問はこうだ。

『人間はなんで死ぬの?死にたくない』

お母さんは答えられなかったと言う。

『人間はなぜ死ぬか』という問いだ。

谷川さんは答える。

『お母さんも死にたくない。

そう言って、泣きながら抱き締めてあげて、

そしてそのあと二人でお茶してください。

難しい問題に言葉だけで答える必要はない。

体で答えてもいいんだ

確か、そんなような《答え》だった。

こんなの《答え》になってないといらつく自分と、

これ以上の《答え》はないなぁと妙に納得する自分が

微妙に気持ち良く交錯する。

この本、おもしろい(^O^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 自由と責任

    2018.12.8

カテゴリー

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP