ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

自分を成長させる方法〜異質なもの同士の衝突

異質なもの同士の衝突海洋研究開発機構の高井研先生が、

ぼくら人類の起源について研究されている。

先生のお話だと、

エネルギーの格差、

つまり異質なもの同士の衝突こそ、

新たな、何かを生みだすそうだ。

その「衝突」の化学反応こそが、

あらゆるものの誕生を生むんだって。

 

多くの異質なものが混在し、

ぶつかりあっている状態こそが、

生命を発展させていくんだ。

 

僕は考えた。

 

過去の自分、

今の居心地のいい自分、

他者との軋轢をさける自分、

そんな自分である限り、

僕は新たな発展を遂げることができない。

 

閉じこもったままでは、

変化し、

成長していくことはでいない。

 

そう感じたんだ。

 

ときに、ひとは、だまって、自分と向き合う必要がある。

 

「自分はどうしたいのか?」

「何が問題なのか?」

「どんな風になりたいのか?」

 

そんなことをひたすら、

自分の胸に手をあてて考える時間が必要になる。

 

しかし、40億年前の地球、

深海で人類の祖先が生まれたときから、

生命は、

多くの異質な者同士の衝突、

つまり、科学反応により、

進化してきた。

 

だとするならば、

自分を見つめながらも、

僕らは、外にでて、

異質なものにぶつかっていく必要があるのではないかと思うんだ。

 

居心地のいい今までの仲間だけでなく、

居心地の少し悪い異質な

だけど、一目おいているような集団の中に、

自分をほおりだすことが、

時には必要なのかもしれない。

 

ビジネスでいえば、

自分とはタイプが違っても盛り上がっているところ。

伸びているところ、

結果を出しているところ。

そんなところとぶつかりながら、

かつ、きっちりと自分の内側と対話をし続けたうえで、

新しい科学反応を楽しむくらいのことができれば、

僕は進化できるのかもしれないと感じる。

 

科学反応。

 

これを人生でもっと多くおこしたいな。

 

さぁ、みんな、

勇気を出して、

新しい世界に一歩踏み出そう。

そこは、全く分からない世界で、

とっても不安で、

精神的に疲れる世界かもしれない。

そこは、

勝手が分からないために、

下らない、そして恥ずかしいミスを

いっぱいしてしまう世界かもしれない。

 

それでもいい。

それでもいいんだ。

 

だからこそ、僕らは成長できるんだ。

勇気を出して一歩踏み出そうよ。

 

おもしろき こともなき世を おもしろく

ではまた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP