ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

江頭2:50さんに教えてもらったこと!悩み続けていいんだよ

江頭2:50さん、

超有名。

最も嫌われている芸能人だ。

個人的には、派手なパフォーマンスより、

ちょっとひねった笑いが好きな僕としては、

んんん???って感じの方だ。

そんな彼の語録がある。

どれも熱い。

熱いんだ。

人間として生まれたからには、

僕も、彼みたいに熱いものをみつけたい。

彼は「お笑い」という天職をみつけたんだろうなぁ。

ちょっと見なおしたし、

よく考えれば、

あれだけめちゃくちゃなパフォーマンスは、

命がけでやらないとできないだろうなって思う。

一生懸命であることを否定は絶対できない。

彼の生きざまには共感する。

素敵な語録だなぁって思う。

 

ところで本当にやりたいことを探して

いつまでも前に進めないひとがいる。

江頭2:50さんのように

命がけでやることをみつけられずに、

もんもんとしているひとがいる。

ニートやフリーター、そんな中にも結構、

「自分探し」で

とまっているひとがいるかもね。

「本当は自分は何がしたいんだろう?」

「自分の天職って何だろう?」

結論の出ない質問をいつもいつも自分に問いかけ、

やっぱり結論が出ずにモンモンとしている。

僕もそうだ。

いつもいつもこんな悩みで、

頭がいっぱいになっている。

 

「これが夢です」

「あれが夢です」

 

明確な夢のために、

おもいっきり前に進んでいるひとをみるとすごいなって思う。

なんとなく、やりたい方向性はあるし、

なんとなく、やりたいこともある。

だけど、俺の天職はこれです!って堂々と言えるだろうか。

 

でもね。

僕はそれでいいと思っている。

悩んでいる毎日でいいと思っているんだ。

いつもいつも探している。

それでいいと思っている。

「自分は本当は何がしたいのか?」

「自分の天職は何か?」

こんな問いを自分にしなくなったら、

人生がそこでストップすると思うんだ。

成長がなくなると思うんだ。

だから、思いっきり悩めばいいって思っている。

人生を通して悩み続ければいいって思うんだ。

 

問題はこの問いを問い続けてしまうことじゃない。

止まってしまうことが問題なんだ。

止まることが僕らをダメにするんだと思う。

 

なぜか。

 

僕は今、こう思うんだ。

 

本当にやりたいことって、

「探す」もんじゃないのかもしれないって。

 

「探しだす」もんじゃなくて、

「作り出す」もんで、

そして、作りだす過程の中で、

「めぐり逢う」ものなんじゃないかなって思うんだ。

 

ぼんやりと感じている方向に全力で一歩、

現実の一歩を踏み出す。

リアルな一歩を踏み出すんだ。

なんだけ分かんないし、これが天職だなんて

全然言えないけど、

なんとなく直感の感じる方に、一歩踏み出す。

積極的に選んだものじゃなくたっていい。

消去法で選んだ消極的な選択肢でもいい。

なんとなくこっちかなって方向に全力で一歩歩みだすんだよ。

 

そして、方向だけ、決めたら、

あとは目の前のことを全力でやる。

小さな山でいい、

リアルな山を作るんだよ。

そして、目の前の小山を全力で作ったとき、

その全力で生きる過程の中で、

本当にやりたいこと、

命をかけて取り組むこと、

そんなことにめぐりあうんじゃないかなって思うんだ。

 

本気のやつにしか宿らない能力って絶対あるんだ。

 

どんな小さくてもいい、

どんなしょぼくてもいい、

自分の行きたい方向に、

ほんのちょっとでいいから、

小さなリアルな一歩を踏み出したとき、

本気の一歩を踏み出したとき、

ひとは大切なものにめぐりあうことができるんだ。

 

でも、折角めぐりあっても、普段から、

本気で自分のやりたいことを考えていないと

そのめぐり逢いに気づくこともできないんだ。

 

だから、悩み、考えながら、

前に進もう。

自信なんていらないよ。

根拠なんて必要ないさ。

ちょっとの勇気と好奇心があれば十分だよ。

君にも、そして僕にもできる。

前に進むことができるんだ。

 

本当にやりたいこと、

 

それは、「探す」もんじゃない。

「作り上げ」、

そしてその過程で

「めぐりあう」ものだ。

 

僕は今そう思う。

 

さぁ、江頭2:50さんの言葉を聞いてくれ。

本気で取り組む姿勢を感じてくれ?

みんな、行動することから逃げちゃだめだ。

まず、目の前のことに全力で取り組んでみよう。

必ず何かが見えるから。

熱い男の熱い言葉を感じ取ってほしいなぁ。

 

::::

 

「生まれたときから目が見えない人に、

空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?

こんな簡単なことさえ言葉に出来ない俺は

芸人失格だ。

だから俺、もっと頑張るよ。」

「これをやったら

次回出られなくなるんじゃないかなんて

考えないようにしている。

人間、いつ死ぬか分からないから

その時のすべてを出し切りたいんだ。

俺はいつ死ぬか分からないし、

見てくれてる人だっていつ死ぬか分からない。

視聴者が最後に見た江頭が

手抜きの江頭だったら申し訳ないだろ?」

「気持ち悪いって言われることには慣れたけど、

たまに『死ね!』って言われるんだ。

俺は言ってやりたいよ。

こんな人生死んだも同然だってね。」

「目の前で悲しんでいる人を見つけたら

何とかして笑わせたい。

そのためなら

警察につかまってもいいし、

寿命が縮まってもいい」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 自由と責任

    2018.12.8

カテゴリー

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP