ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

同情するなら金をくれ 「思いやりと同情の違い」

ロンドンハーツ(日本一子供に見せたくない番組&僕がとっても好きな番組)で

「男試験」というのを以前やっていた。

男の子1000人にアンケートをとって、

その結果1位になるものを

女芸人等があてるというクイズ(試験?)だ。

その中に、こんな問題があった。

「彼女に1番一緒にいて欲しい日は?」

というもの。

1)自分の誕生日

2)クリスマス

3)風邪をひいた日

4)仕事で失敗をした日

どれだと思いますか?

 

正解は1)自分の誕生日なんです。

 

僕はこの問題を見たときにね。

そうだなぁ、そうだなぁって思ったんだ。

 

3)とか4)、特に4)の仕事で失敗をした日には、

僕は絶対に彼女に会いたくない。

なぜか、ダサい自分を見られたくないし、

ましてや同情なんて絶対されたくない。

 

ひとは同情なんて絶対されたくないんだ。

 

じゃぁさ、「おもいやり」と「同情」ってどこが違うんだろう?

 

僕は「おもいやり」は欲しい。

だけど、「同情」は絶対にいらない。

 

この違いって何だろう?

 

恐らく、受けても正確に把握するのは難しいだろう。

それ以上に、

与えている側も、

自分のしている行為が、

自分の伝えている言葉が、

「おもいやりの心」から繰り出されているものなのか、

それとも「同情の気持ち」から出されているものなのか、

明確には分かってないんじゃないかなぁ。

 

僕ね、実は、とってもいいヒントを鈴木さんにもらった。

鈴木さんはね、

ビジネスでも大成功されている方なんだけど、

その鈴木さんと、数日前、

彼のオフィスで、ふたりっきりで、

お弁当を食べたんだ。

その時、彼が、こんな話をしてくれた。

 

「ふじたくん、

コミュニケーションがうまくいくか、

いかないかはたったひとつの根源的はことの

理解で決まるんだ。」

「えぇぇぇ、それって何ですか?」

「それはね、VIPとして扱われたかどうかということだけだ。

人間はだれでも、VIPとして扱われたいんだ。

大切なひととして、重要なひととして扱ってほしんだよ。

それを満たしてくれたひとが好なんだ。

コミュニケ―ションがうまくいかない原因は唯一、

これが原因なんだ。」

 

VIPとして扱われたかどうか・・・・・・

 

僕はその後もずっとそのことについて考えた。

 

その結果、

僕は今、そのとおりだなって思うようになっている。

 

大切に扱ってほしい。

それは僕もそうだ。

重要人物として、評価して欲しい。

確かにそうだ。

 

よく思い返してほしい。

みんながお店や、メーカに、

激怒したときってどんなとき?

それはぞんざいに扱われたときじゃないですか?

同じ内容を伝えてもらうのも、

丁寧に、おもいを乗せてつたえてもらえば、

納得したところを、

がさつな対応をされたときに

激怒したんじゃないですか?

 

僕、鈴木さんのいうこと、

妙に納得しちゃったんだよね。

 

そして、

VIPとして扱うということは、

つまりそこにはリスペクト(尊敬)の感情が入る。

ひとは、尊敬して欲しいってことなんだ。

 

話を元に戻すね。

 

「おもいやり」と「同情」

この2つにある大きな違い、

それは僕はこのVIPという意味合いだと思う。

 

「おもいやり」または、「心遣い」は、

VIPとしての扱いだ。

大切なもの、重要なものとしての扱いだ。

そこには、リスペクト(尊敬)という概念が含まれる。

 

しかし「同情」には、

VIPとしての扱いがない。

上から目線。

リスペクトはない。

ただ、助けてやれって感じ。

場合によっては、

同情することで、

自分の優越感を感じているひともいるだろう。

そんな同情、、、されたくない。

 

僕はVIPとして扱われたいんだ。

 

だから、僕は極力、自分自身では

ヒトに同情をしないようにしている。

友人を同情するようなダサいことはしたくない。

その行為自体が、

友人に失礼だと思っているから。

 

「おもいやり」と「同情」は違う。

その2つは、似ているが、

めっちゃ違いがある。

 

尊敬の念がある「おもい」こそが重要なんだ。

だから、僕は、

友人をVIPとして扱っていきたいと思う。

 

昔のドラマで

安達祐美が、こんなセリフを残している。

 

「同情なんていらない。

同情するなら金をくれ」

 

納得。

同情なんてして欲しくない。

同情は、優越感の裏返しだからだ。

悔しい。

それよりも大切なひと、

重要人物として扱ってほしい。

 

みんなもそうだろ?

みんなもそう思うだろ?

 

だったら、今日から、

友達をリスペクトしよう。

大切にしよう。

VIPとして扱おう。

絶対に、同情なんてすんなよ。

では!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP