ふじたなおゆきの議〜日々是感動〜

上を向いて歩こうぜ!

上を向いて歩こうぜ!

恐怖なんてぶっ飛ばしてやろう!

コロナで死ぬか

経済で死ぬか

それを選べっていうのか?

 

ふざけるな!!!

どっちも選ばない

どっちでも死なない

僕らはそんなものに負けない

 

今大切なことは

SAK(しっかり安全に行動しよう)だと思う

 

みんな外に出よう!

しかし

ただ無謀に飛び出すんじゃないぞ

しっかり安全に、飛び出すんだ

SAK(しっかり安全に行動しよう)だ

収束するまでは

1)マスクをしろ(してないやつは怒るぞ)

2)どこかに入るたびに消毒しろ(してないやつは怒るぞ)

3)ヒトに話しかけるときマスクを外したら罰金だ!(できたら法律にして欲しい!!!)

しっかり、安全に、外に出よう

SAK(しっかり安全に行動しよう)だ

 

なぜなら

人が動かなければコロナ以前に

経済が死ぬからだ

 

今、世界は恐怖でいっぱいになっている

恐怖は人間の心を狂わす

それは過去の歴史が物語っているだろ?

恐怖は、「世の中の空気」という全く見えないものを作る

そして、そいつは一生懸命、知恵を振り絞ってアイデアを出そうとする人間を悪者にする

誰にも意見を言わせない

恐ろしいほどの抑圧を始めるんだ

意見も言えない

空気に反した行動はもちろん取れない

そうなると

もはや社会は正確な判断をできなくなる

 

そんなことない?

だったらなぜ

日本は第二次世界大戦に突入したんだ?

戦争反対の声を上げたくても

上げられなかったというのも

理由の一つにあるんじゃないのか?

 

なぜ当時のドイツはアウシュビッツを容認したんだ

何もしてない人間を殺すなんておかしいよって

そう思った人が言えな空気があったんじゃないのか?

ドイツ人だけがガス室で人を殺すことを喜ぶ民族とでもいうのか?

違う。

その時のドイツ社会の空気が当たり前のことを言えない雰囲気にしたんだ

今はどうだ?

とにかく外に出るな

家で待機しろ

若者は自分さえ良ければいいと考える馬鹿者だ!

 

そういう空気が蔓延している

誰も何も言えない

 

安全にイベントを開くこともできるよ

若者は経済のことも考えているんだよ・・・

 

そんなこと

とても言える空気じゃない

 

イベントで生きている人が

どんなに気を配って開催しても

あらゆる人から罵声を浴びる・・・

それを生活の糧にしている人は

それを中止にしたら

公衆衛生を守る以前に

その人の人生が終わるかもしれないんだぞ

 

簡単に中止しろなんて言えるのか?

 

多くの人の恐怖心が

空気とは違う行動や意見を持つ人を

容赦無く攻撃的に非難し続けてしまう

 

そんな空気が今

僕らの周りに蔓延していないだろうか???

 

 

恐怖はしっかり飼い慣らさないと

増大し飼い主を食い殺すんだ

 

経済で死ぬか?

コロナで死ぬか?

 

いいかい?

僕らはどっちでも死なないという選択肢をとるんだよ

 

そのためには

恐怖に駆られて

周りの空気に流されて

意見が言えない世の中ではダメだ

意見を言うんだ

違う考え方も聞くんだ

先入観でガチガチになるな!

 

希望を持とうぜ

 

しっかり安全にして

外に出ようぜ

 

しっかり迷惑かけないようにして

仕事しようぜ

遊ぼうぜ

 

夢を持とう

世界を希望と笑顔で溢れさせよう

コロナに負けず

経済を破綻させないためには

しっかり安全にして外に出るしかないだろ

しっかり安全にして行動するしかないだろ

その方法をもっと必死に考えるんだよ

 

====

恐怖を持った人は他人を非難する

希望を持った人は周りの人に勇気を与える

恐怖は人間の思考を止める

希望は人間の創造力を高める

恐怖は生きる力を奪う

希望はどんな時もエネルギーをくれる

だから

この世界を希望で満たすことは

何より重要だ

====

今、世界は、コロナとの戦いと同時に

「希望」と「恐怖」の戦いに突入している

この戦いには必ず勝てる!

人類400万年の叡智はすごいんだ!

コロナなんかに負けるわけがない!

「恐怖」なんてぶっ飛ばしてやる

僕ら人類は必ずこの戦いに勝つ

こんなことで子供達の未来を奪うわけにはいかない

もっともっと考えよう

もっともっとアイデアを出そう

人類の多くの経験と

70億人の頭脳で

この危機を乗り越えるんだ

三人寄れば文殊の知恵

70億寄ればコロナはぶっ飛ぶだ

 

 

人が動いたらコロナは広がる

だから動くな

何もするな

何も考えるな

ただ恐怖と共に家で待機しろ

それが今の世の中だ

いわゆる「世の中の空気」だ

 

はあ???

 

でもね

人の動きを止めたら経済は死ぬんだよ

経済が死ねば失業者が溢れ

自殺するほど苦しむ人が何億と世界に溢れ出すかもしれない

バブル崩壊後の日本

リーマンショック後のアメリカ

失業者と自殺者で溢れかえったあの時代を覚えているよね?

結果として

世界恐慌が世界大戦の引き金になったよね?

経済が死ねば戦争の時代に突入するかもしれない

そんなことさせるものか!

だとしたらどうする?

 

アイデアを出そうぜ

THINK!

THINK!

THINK!

THINK!

THINK!

THINK!

大切なのは

人が動かないことではない

コロナが爆発的に広がらないことだ

家に閉じこもって

恐怖でブルブル震えて思考を止めることではない

たとえコロナとの戦いが1年になろうと

10年になろうと

100年になろうと

どんな長期戦になっても負けない覚悟を持つ必要がある

 

そのためには

<人が動き回りつつもコロナが広がらない方法>

を全力で探すんだ

それしかないだろ?

 

外に出ない人だけが正しい

今、外に出る人は無責任

 

イベントをしたやつは

人間じゃない・・・

強欲の塊・・・

 

そんな恐怖で作られた

「世の中の空気」

に踊らされるな!

 

<人が動き回りつつもコロナが広がらない方法>

 

なんでそれを探さないんだ!

経済で死ぬのも

コロナで死ぬのも

どっちもコロナに負けたことになるんだ

どっちにも負けるものか!

もし日本人1億人が

全員、宇宙服を着ていれば

動き回っていいだろ?

 

とにかく家にいないとダメってことにはならないだろ?

だとしたら

宇宙服とまでは言わなくても

どこまですれば安全なのかを考えて

経済を止めないことを必死に考えることだって回答としてあるだろ

 

動いちゃいけないに決まっている

集まっちゃいけないに決まっている

それが思考停止だって言ってんだよ!

 

そんなの決まってねえよ!

 

人が夢に向かって全力で頑張れる世界

そして

たくさんの人と触れ合い学び合い、愛し合い

成長する世界

その世界を取り戻すぞ

家でいつ終わるかわからない戦いに

じっと恐怖の中

身を潜めているだけなんて俺にはできない

 

外に出ても

経済活動をしても

コロナを抑え込める手段を知恵を持って考えるんだ

 

 

おい!

安倍は何してるんだ!

小池は判断が遅い!

そんな批判してばかりのやつ

お前は何をすんだよ

彼らは彼らで必死に考えている!

間違った判断をするかもしれない

 

でも人生をかけてあの人たちも必死に考えている

 

お前も必死に考えろよ

 

いいか!

この「コロナ」と「恐怖を抱く心」との戦いを勝利した人類は

本当の意味で自立し

次のステージへ行けると思うんだ

 

だから

俺もお前も自立しろ!

政府に依存してんじゃねぇ

市場経済に依存してんじゃねぇ

親に依存してんじゃねぇ

会社に依存してんじゃねぇ

全ての人間が自立するんだ

政府がなくなったとしても楽しく生きることができる人間になろう

資本主義経済が終焉しても家族を幸せにできる人間になろう

どんな辛い時代でも希望を持ち仲間と夢に挑戦できる人間になろう

そんな人間に生まれ変われるんだ

神様が今回くれた

このふざけた超難問は

僕ら人類の成長のためにある

人類は

次のステージへ向かう

 

政府は僕に何してくれるんですか?

違う、お前が、そして俺が何をできるかだ

 

コロナとの戦いに国境はない

資本主義も共産主義もない

共に手を取り合って戦おう

 

今こそ

『人類の凄みを見せつけてやろうぜ!』

さあ

立て

家でブルブル震えているダサい自分とおさらばしろ

今大切なことは

SAK(しっかり安全に行動しよう)だ

みんな外に出よう!

しかし

ただ無謀に飛び出すんじゃないぞ

しっかり安全に、飛び出すんだ

SAK(しっかり安全に行動しよう)だ

収束するまでは

1)マスクをしろ(してないやつは怒るぞ)

2)どこかに入るたびに消毒しろ(してないやつは怒るぞ)

3)ヒトに話しかけるときマスクを外したら罰金だ!(できたら法律にして欲しい!!!)

しっかり、安全に、外に出よう

SAK(しっかり安全に行動しよう)だ

人が動かなければ経済が終わるからだ

人類は

日本は

そして俺らは

必ずこの戦いに勝つ

コメント

  1. 藤田さん

    ご無沙汰しています。
    応援しています!!

    • ふじた なおゆき
    • 2020年 4月 23日

    わ!ありがとう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP