principle

世界一のプロデューサーになります

亡くなる直前に尊敬するプロデューサーの方から「ふじたくんは最高のプロデューサーになってきたね。」という言葉を頂きました。何年も経った今でもそれがとても嬉しくて。だから僕は世界一のプロデューサーになろうって思っています。僕のプロデューサーの定義は、「自分の、あるいは、誰かの夢を実現に導く人」です。だから僕は、イベントでも、出版でも、ものづくりでも、スクールでもいい、何かを通じて、世界一たくさんの人の夢の実現を手伝いたい。そう思っています。

世界一のエンターテイメントと100年後も読まれる本を作ります

高杉晋作の辞世の句「おもしろき、こともなき世を、おもしろく」。この言葉を聞いた時に、あ、何か僕に関係のある言葉だって直感で感じました。世界中を笑顔いっぱいするために、世界中を感動でいっぱいにするために、僕にできることはないかなって考えています。エンターテイメント、出版、映像製作、を通じ、たくさんの人の心を揺らして行きたいと思います。まずは世界一のエンターテイメントと、人生を変えるほどのインパクトを与える、100年後も読まれるような本を作りたいと思っています。

戦争のない世界を子供達に残します

これが僕の究極の夢です。20代前半の会社員だった頃に、僕は一人の大学教授の本と出会いました。それは京大の高坂正堯先生の本です。「世界史の中で考える」「現代史の中で考える」「国際政治」。それらの本を読んでいる時に、人生で一番ワクワクし、涙が止まりませんでした。外交のダイナミズム、壮大な歴史のドラマ、人間の心理、エゴと夢、そんな中で戦う先人たちの平和への願い。僕もそんな世界で戦いたいと思いました。大学院や博士課程で「国際政治学」を研究したのも、その夢のためです。僕にできることは何か?日々、考え、行動しようと思います。

かっこいい大人が集まる空間作りをします

今も幸せだけど、未来はさらに幸せになっていく、そう思える人生って最高ですよね。少子高齢化という現実を前にすると誰もが、暗い顔をします。明るい未来を描けません。でも、僕は明るい未来になると信じています。なぜならそんなことは簡単だからです。「年配の方」「女性」「外国の方」全ての日本国民がたくさんの夢を持って、楽しくチャレンジできる世界にすればいいだけです。今までの働き盛りが30代から50代だったのを、60代、70代も、働き盛りでかっこいいという文化にするだけです。70代が働き盛り、夢もあり、一番かっこいい。そんな日本にすることが、日本より後に少子高齢化を迎える世界の希望になると思っています。そんなかっこいい大人が集まる空間作りをします。美容、健康、そして、知、が溢れる空間です。

世界一のプロデューサーになる この言葉にかけたおもい

天が僕に与えてくれた能力を100%使い切ることができたら嬉しいと思っています。そのためには、ハマるほど楽しいことだけをやるしかないなって思う。人生が3回あるなら、今世では誰かがいいよっていう人生を生きてもいい。でも、人生が1回なら、僕がハマれるもので埋め尽くしたい。僕が心からやりたいと思えることを目標とし、ビジョンとし、そして、実現して行きたい。

ふじたのチャレンジ(2020年8月まで)
1)起業家セミナー楽人塾を1年で100人以上のイノベーター(成功した起業家)が育つコミュニティにします
2)TSUNAGARUを世界一感動し行動がしたくなるイベントに育てます
3)100年後まで読まれる100万部のベストセラーを世に出します
4)かっこいい大人が集う空間を作ります

5)資本主義の次の時代を予想する論文を完成させます
6)BOPインターナショナルを世界一のプロデュース会社にします

その他、面白いことは全部やります
面白いアイデアがある皆さん、一緒に人生を楽しみましょう

最近の記事 おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

アーカイブ

メルマガ登録フォーム 

メルマガ『ふじたなおゆきの議』
送ります

SHARE

PAGE TOP